バルセロナオリンピックで金メダルを獲得した岩崎恭子の現在は?旦那?姉?

スポンサーリンク

バルセロナオリンピックで金メダルを取った、岩崎恭子。

あれから20年以上の時が経った今も、当時の感動を忘れられない人も多いと思います。

岩崎恭子は今何をしているのでしょうか。現在を追ってみました。

岩崎恭子の現在は?

現在の岩崎恭子は水泳の指導者として活動する傍ら、スポーツコメンテーターとしてテレビに出ることもあります。

またラグビー選手、斎藤裕也氏と結婚し、子供を授かり、現在は主婦になっていました。

栄光を掴みとった選手ほど、その後悲惨な人生を歩んでいる人もいっぱいいるので、岩崎恭子のように順風満帆に幸せな人生を歩んでいる様子を見ると、嬉しくなるものですね。

岩崎恭子の伝説となった名言

岩崎恭子の、伝説となった名言があります。

金メダルを取った後の、コメントで、こういいました。

「今まで生きてきた中で、一番幸せです。」

とってもシンプルな言葉だけど、日本中を感動の渦に巻き込みました。

スポンサーリンク

やっぱり、「金メダル」という、絶対に一般の人では得ることが出来ないものを得られたこと。そして、中学2年生という少女が発した言葉ということにも、大きな意味があるのでしょうね。

個人的に思うことですが、大きな功績を残す人物ほど、言葉がシンプルな気がします。

松井秀喜選手、イチロー選手、中田英寿選手。みんな発する言葉は至ってシンプルで、わかりやすく、そして、彼らだからこその、とんでもない説得力があります。飾らない言葉こそ、一番伝わるんです。なんかの歌詞じゃないけどね。

しかし、汚職事件を起こした政治家などは、きまって回りくどい言い方をし、わかりにくい言葉を使いまくって、その場を濁そうとします。

私は、岩崎恭子の発言を見た時から、彼女のように、わかりやすいシンプルな言葉の大切さを常に意識しています。人とコミュニケーションするときの言葉の使い方に、わかりやすさを意識するだけで、自分の意見も伝わりやすくなるのではないかと常日頃から、思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*